日々の疑問

赤ちゃんの夜泣きの原因を取り除く

   


赤ちゃんの夜泣きに悩まされていて、
困って経験をしたお父さんお母さんは
多いのではないでしょうか。

なぜ泣くのかわからず途方に暮れてしまって
困ってしまうものです。


赤ちゃんの夜泣きの原因ははっきりとはわかっていません

睡眠サイクルが狂ってしまうことや刺激だったり
ストレスが原因だと考えられています


昼寝をしすぎてしまったり、
夜の寝る時間が遅くなってしまったりなど
生活リズムが狂ってしまうことで
夜泣きを引き起こしてしまう可能性があります。


日常生活の中で生活リズムを覚えていくので、
睡眠のサイクルを正しくできるように過ごしてあげましょう

そしてストレスなど減らしてあげるようにすることも大切です。


このような原因を取り除いてあげることによって頻度が減ったり、
泣く時間も短くなったりしていってくれます。



スポンサードリンク


赤ちゃんの生活リズムを整えよう



赤ちゃんの生活リズムを整えてあげるためには
朝起きる時間を決めるようにしましょう。

朝は遅くまで寝てくれる方が楽かもしれませんが、
赤ちゃんのためにも、
早起きを心がけるようにしてあげるようにしましょう。


そして昼寝は長くても一時間半にするようにします。

毎日のリズムが大幅にずれないように
お母さんがリズムをしっかりと作ってあげるようにすることが大切です。

明るくなったら起きて、
暗くなったら眠ると言うリズムを覚えさせることが必要
です。

そのためには朝起きる時にはカーテンを開けて過ごすようにします。

太陽の光を浴びさせることによって
朝であることを体で覚えさせます。



そして夜はいつまでもテレビをつけっぱなしにしておくのではなく、
眠りにつく2時間前くらいには消すようにします。

部屋の中を徐々に暗くするようにして睡眠へと導くようにします。

赤ちゃんに時間を意識させることができるようにするように行動をしましょう。

毎日繰り返し行動することによって
赤ちゃんは学習をしていくので、日々続けて行うことが大切です。


日中は運動をさせてあげよう



日中は運動を良くさせてあげることも必要です。

外の刺激を受けさせるためには天気が良い日は散歩に出かけるようにしましょう。

抱っこひもやベビーカーで近くに出かけるだけでも
赤ちゃんにとってもいい運動になり刺激を受けます。


日中に活発に動くことによって、
夜はぐっすりと眠りについてくれます。


そして眠るときには、
体を冷やさないように気をつけてあげましょう。

体を温めてあげることによって、
ゆったりと眠ることができます。


このように少しでも夜泣きをしないように
対策をすることによって負担が少なくなります。



スポンサードリンク

 - 夜泣き, 赤ちゃん , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

関連記事はありませんでした